企業概要

代表挨拶

アクリルとはプラスチックの中の一つの樹脂名で、メチルメタアクリレートが正式名称です。
現在、プラスチックには用途に応じていろいろな種類のものが生産されています。例を少しあげると、比較的低い熱で熱で曲げられるもの(硬質塩化ビニール=PVC),接着剤がつきにくいもの(ポリエチレン=P.E /ポリプロピレン=P.P,金属のようにメッキができるもの(A.B.S)、不燃性にしたもの(4沸化エチレン=TFE=テフロン)ハンマーでたたいても割れにくいもの(ポリカーボネート=P.C)、そしてアクリルがあります。

私共アクリアルではこのアクリルを多用しリアルなものを作るという意味合いをもって、アクリアルという名をつけてあります。以下に営業のご案内をさせていただきます。